2005年07月31日

風邪

風邪ひいてます。

先週の月曜日くらいから微熱が続いて、木曜日には38度から下がらなくなってしまった・・・。
薬を飲むと一時的に下がるんだけど、切れるとまた上がるし。

ハンガリーGP見ながらごろごろすることにします。
posted by よしぼう at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

F1系列ドライバー、GP2シリーズをリード

F1のサポートレースとして行われている『GP2シリーズ』はここまで全12戦中7戦を終えているが、現在チャンピオンシップをリードしているのはルノー・チームの公式テストドライバーであるヘイキ・コバライネン(23歳:フランス)だ。

またこれに続くのがニコ・ロズベルグ(19歳:ドイツ)、そしてスコット・スピード(22歳:アメリカ)アダム・キャロル(22歳:イギリス)という面々。
ロズベルグはウィリアムズの、スピードはレッドブル・レーシング、そしてキャロルはB.A.Rチームのいずれも系列ドライバーだが、GP2がF1登竜門とはいえこれらの若者がF1シートをゲットするのはまだ容易ではないようだ。


「ヘイキ・コバライネン(23歳:フランス)」違うだろ、フィンランドだろ。
と、まあそんなことはおいといて。

GP2、エントリーリストを見てると面白いですね。

まずF1チャンピオンの子供たちでは、ネルソン・アンジェロ・ピケ、ニコ.ロズベルグ、マティアス.ラウダ。

F1のテストもやっている若手たちでは、スコット・スピード
BARのテストドライバー、アダム・キャロル
トヨタ系のボルハ・ガルシア
ザウバーの、ニール・ヤニ
ルノーのヘイキ・コバライネン

このうちの何人かは数年のうちにF1にいるでしょうね。
定着するかどうかは微妙だけど。

あと、申し訳ないけどなんでこのカテゴリーで走ってるの?ってドライバーもいます。
ジャンマリア・ブルーニ、ジョルジョ・パンターノの二人。
F1まであがったドライバーがミドルフォーミュラで走ってたらいかんだろう。
特に、パンターノのほうは2000年ドイツF3チャンピオン、インターナショナルF3000でも2002年2位、2003年3位の成績。
フォーミュラをやりたいならIRLなり、CARTなりに活路を求めたほうがいいんじゃないか?

CARTで走っている元F1ドライバーだと、ジャスティン・ウィルソン、ティモ・グロック、クリスティアーノ・ダ・マッタ、タルソ・マルケス。
IRLだとトーマス・エンゲがいる。

この辺調べてて初めて知ったんだけど、ビョルン・ウィルドハイムはCARTで走ってるんだね。
F1で走りを見たかったけど残念。
posted by よしぼう at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

フェラーリ、いずれのタイヤでも苦戦

グリップ不足を指摘されて苦戦するブリヂストンタイヤだが、今回のドイツGP決勝レースでフェラーリはシューマッハとバリチェッロとで選択が別れた。

シューマッハのほうは今回ブリヂストンが新たに持ち込んだグリップ重視のものだが耐久性に不安があるもの、またバリチェッロはこれまで実績のある堅めのもので、気温が上昇しても耐えうるものだったとされる。

幸い今週末は気温が低かったため最後まで持ったものの、シューマッハのタイヤはレース途中から溝が消えるほど消耗が激しかったにもかかわらず、シューマッハはグリップ低下に不満を示した。

一方バリチェッロのほうもレース後「ずっとタイヤのグリップ不足に悩まされた。グリップは予選よりも決勝では向上するだろうと期待していたのに、実際はそうはならず、僕の選択は報われなかった」と、こちらも不満を口にしている。


だそうです。
あいかわらず苦しんでるフェラーリです。

昨日の中継だったか、土曜日のフリー走行だったかスカパーの中継を見てるときに川井ちゃんと森脇さんが話していたんですが、

たとえばAメーカーのラバーグリップがのってくると、Bメーカーのタイヤは全然グリップしなくなる。

てな感じ。
つまりミシュランタイヤのラバーグリップがのってくると、ブリヂストンタイヤは全然グリップしなくなってしまうってことらしい。
そのために、レース中盤から終盤にかけてフェラーリはレースペースを上げられないとかって。

へえ、そんなこともあるんだ。
でもそれだとサンマリノGPでのミハエルの追い上げはなあに?ってことになってしまったり。


posted by よしぼう at 09:44| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

F1ドイツGP予選結果

ドイツGPの予選が終わりました。
まずは結果を。

http://sports.yahoo.co.jp/f1/2005/germany/0723/result05.html

順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回 平均速度(km/h)
1 9 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'14.320 3 221.560
2 3 J.バトン B・A・R Honda 1'14.759 3 220.259
3 5 F.アロンソ ルノー 1'14.904 3 219.833
4 6 G.フィジケラ ルノー 1'14.927 3 219.765
5 1 M.シューマッハ フェラーリ 1'15.006 3 219.534
6 7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 1'15.070 3 219.347
7 8 N.ハイドフェルト ウィリアムズBMW 1'15.403 3 218.378
8 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda 1'15.501 3 218.095
9 16 J.トゥルーリ トヨタ 1'15.532 3 218.005
10 15 C.クリエン レッドブル 1'15.635 3 217.708
11 14 D.クルサード レッドブル 1'15.679 3 217.582
12 17 R.シューマッハ トヨタ 1'15.689 3 217.553
13 12 F.マッサ ザウバー 1'16.009 3 216.637
14 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1'16.012 3 216.628
15 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1'16.230 3 216.009
16 21 C.アルバース ミナルディ 1'17.519 3 212.417
17 20 R.ドーンボス ミナルディ 1'18.313 3 210.263
18 18 T.モンテイロ ジョーダン 1'18.599 3 209.498
19 10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 0'00.000 2 0.000
20 19 N.カーティケヤン ジョーダン 0'00.000 2 0.000


大方の予想通りというべきか、マクラーレンのライコネンがダントツでポールを獲得。
最終コーナーでちょっとスライドしたけど、それでも第3セクターはトップタイム。

かなり燃料が少なめだと思われるバトンが2番手。
同じくかなり軽めのミハエルが3番手。

ちょっと多めかもしれないルノー勢が4、5番手。

ものすごく軽そうなウイリアムズの2台が6、7番手。

ちょっと軽めっぽいのが琢磨で8番手。
奇数グリッドの方が良かったけど、しょうがないですね。

9番手がトヨタ、トゥルーリ。
彼の後ろを走る人は大変ですねw
レースペースが上がらないのはなんでなんでしょ?

以下、おおきく省略。

ミナルディの2台がジョーダンを上回りましたね。
今回、比較的バランスがよさそうな動きでした。

19番手はモントーヤ。
残念です。
少し縁石に乗りすぎたように見えました。
明日はおそらくピットスタートで燃料を満タンに積むことでしょう。

明日のレース展開としては、ライコネンが1コーナーを抑ればそのまま優勝するのは堅いところ。
その後ろは、バトンがルノー勢を抑えると面白くなりそう。
第2セクターのヘアピンさえ気をつければ容易には抜かせられないので、しばらくはミハエルあたりまで団子状態でのバトルが期待できる。

ウイリアムズ勢のペースが読みにくいけど、燃料が少ないはずなので前とは大きく離されないと思う。
3ストップなので15〜18周前後で1回目のピットストップに入るはずなので、それまでに琢磨は何とかこの2台を攻略しておきたい。そうすれば5位か6位は十分狙える。

雨が降るともっと面白くなるんだけどな。
posted by よしぼう at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

「ドレメル」、C.アルバースをサポート

http://fmotor.nifty.com/f1/2005/07/c_de5c.html
僚友パトリック・フリーザッハーが資金難から交代になるなど、ミナルディ・チームのクリスチャン・アルバース(26歳:オランダ)の周囲にも変化が起きているが、このドイツGPから新たにパーソナル・スポンサーを獲得したことがわかった。

これは「ドレメル・ヨーロッパ」というドリルの専門メーカーで、アルバースは「ドレメルのようなトップ・ブランドのメーカーが支援してくれるのはグレートなこと。感謝しているよ。僕の次の目標は、・シーズンのためによりよいリザルトを得ることだね」と、語っている。


あいかわらず、厳しい状況のミナルディですがアルバースには朗報。
この「ドレメル」というメーカーですが、どういったメーカーなのかまったく知りませんw

知りませんが、この資金でシリーズ終了まで乗れるといいです。
ミナルディなので目立ちませんが、悪くない走りをしてますよ。

経歴を見ても、99年のドイツF3チャンピオンですし、DTMでも通算5勝をあげてたりとなかなかの結果を出してます。
F1ではチームがあれなんで結果もあれですが、思い出したときに注目してみてください。


アルバース、出身がオランダじゃなければもうちょっと楽なレース人生なんでしょうね・・・。
posted by よしぼう at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

あのウィリアムズが売りに出た?

元記事。
http://www.f1racing.net/en/news.php?newsID=93143

BARの元代表デビッド・リチャーズ、サムスンとヒュンダイの三者がウイリアムズの買収に乗り出してるって話。

信憑性は限りなく乏しいと思うけどね。
そもそも現代自動車なのか、現代グループのどこかの企業が乗り出したのか?
サムスンについても、ルノー・サムスンなのか、サムスングループのどこかの企業なのかも不明。

韓国企業と韓国のF1進出の話は、数年前から出ては消えての繰り返し。
2000年に、プジョーが撤退するときも現代自動車が買収するとか、アロウズを買収して参戦するとか、結局、どれひとつ実現できていないし。
韓国にF1も誘致できなかったし。
せっかく根付き始めたF3コリアスーパープリも2003年でやめちゃうし。

現代自動車は生産台数では400万台を超えているけれど、技術はすべて借り物。
今回も、金だけ出してよろしくやってくれって感じになるんだろうな。
国情が全然違うので一概に言えないけれど、あの国にはホンダのように60年代に2輪で世界を制し、乗用車すら作っていないのにF1に打って出るようなチャレンジも無い。


ともかく、もし万が一ウイリアムズが買収されたとしたら・・・、
http://page.freett.com/yasuzakizz/archives/kkk/f1.html
リンク先のケースより酷い目にあうのは間違いない。
posted by よしぼう at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ピケ Jr.がロータス・ジャッドをドライブ

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20050718-00000001-fliv-spo

なんで、ロータスなんですかね。

しかもLOTUS100Tじゃなくて、LOTUS101だし。
おとうちゃんのキャリアの中で最悪といってもいいシーズンでしょ1989年は。
ベルギーグランプリでは予選落ちまでしてるし。

この車しか用意できなかったんだろうけど、もうちょっと何とかしてほしかった。
1990年に使ったB190の方がいいのにな。
posted by よしぼう at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

バトンがフェラーリへ?

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20050716-00000009-fliv-spo

F1グランプリを終えたばかりのイギリスはジェンソン・バトンの話題で持ちきりだ。

イギリス紙『Daily Mirror』がバトンは移籍がうわさされているウィリアムズではなく、フェラーリに行くかもしれないと報じたからだ。

現在、フェラーリのシートに座るルーベンス・バリチェロの契約は2006年の終わりまでだが、バリチェロは今シーズン限りでチームを離脱し、新しいシートを探しているジェンソン・バトンが代わってフェラーリのナンバー2に収まるのではないかというのだ。しかし、ミハエル・シューマッハの元チームメイトであるエディ・アーバインは、その可能性を否定している。

アーバインは今週、イギリス紙『The Sun』に、「来シーズン、ジェンソンがフェラーリに行くなんて、ばかげたうわさだよ。ミハエル・シューマッハの存在につぶされちゃうだろうね。キャリアとしては、いい選択ではないと思う。いずれにしてもフェラーリはジェンソンには興味を持っていないよ。彼らが目を付けているのはマクラーレンのキミ・ライコネンさ」と語った。

しかし、フェラーリのジャン・トッド監督は、マクラーレンが是が非でも手放したくないライコネンにはあまり関心を示していないようだ。


バトンがフェラーリへ移籍するかもって話。

バリチェロが、フェラーリに嫌気をさしてるみたいなんで離脱も大いにありえる話。
そうするときっとバトンが入るんだろうな。

でもねきっとバトンでは太刀打ちできないよ、ミハエルには。
今期フェラーリの調子が悪いので、ミハエルが落ち目だとか引退したほうがいいとか言われてるけど、決してそんなこと無いと思う。
確かにバリチェロからアタックを受けるシーンが増えてはいるし、ピークは過ぎ去っているだろうけど、状況さえととのえばもう一度チャンピオンを取るだけの力はあるはず。
第一、フェラーリというチームのすべてがミハエルを中心に組み立てられている以上、明言はされずとも他のドライバーはナンバー2扱いと見て間違いない。

もしバトンがフェラーリに行きたいならもう一年待つといい。
その間には、さすがにミハエルの去就がハッキリしてるだろうから。

でもね、ミハエル擁護みたいに書いといてなんですが、実は15年前からミハエル嫌いなんだよね、俺。
ハッキネン万歳!w
posted by よしぼう at 22:11| Comment(0) | TrackBack(2) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾、国民党主席に馬氏

昨日のニュースとなりますが、台湾の国民党主席に下馬評どおり馬英九氏が当選したようです。

http://www.sankei.co.jp/news/050716/kok080.htm

これで、2008年の総統選挙に国民党候補として出馬して8年ぶりの政権奪取を目指すこととなります。
親民党の宋楚瑜氏と組むのか、国民党単独で出るのか知りませんが、人気を考えると馬英九氏の当選で間違いないかと。

極東において、まともな選挙を行っているのは台湾だけといってもいいぐらいの状況なので、なんとしても大陸中国に吸収されること無く、独立を果たしてもらいたいものです。

そうしないと、極東3馬鹿国家に完全に囲まれてしまう日本が可哀想過ぎるw
posted by よしぼう at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

へび

蛇を見つけました、たぶんヤマカカシ。

最初、我が家の半野良猫が草むらでごそごそ遊んでたんで、また何か捕まえたのかと見てみたらヘビでした。

妻にヘビがいるよ〜って声をかけたら、家の中から飛び出てきまして、
何をするかと思ったらいきなりヘビの尻尾を踏みつけましたw

その後、見事にとっつかまえて近所の子供に自慢してるし。

その小学校三年生の近所の小僧はヘビが怖いみたいで、逃がしてあげようよーなんてヘタレたこと言ってましたが、その妹の幼稚園生は興味津々。

ひととおりいじり倒した後、近くの畑に逃がしました。

いや〜、ヘビなんて触ったの何年ぶりだろ。
なかなか面白い出来事でした。
posted by よしぼう at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

電車男

やべえ、電車男がおもろかったw

まとめサイトを読みながら見ると、また一味違った楽しみ方があるな。
posted by よしぼう at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型自動車免許

火曜日から自動車教習所に通ってます。

大型自動車免許取得のためです。
別にトラックの運ちゃんになるわけじゃないんですけど、仕事上必要なのです。

実は、教習所へ通うのって初めてだったりするわけで。
でも普通自動車免許は当然持ってます。

一発試験で?

いえいえ。

アメリカで免許を取って、書き換えをしたんです。

高校卒業後、すぐにアメリカの大学に進学したので、そこで免許を取ったんです。
すっごく安かったですよ、アメリカだと。
仮免許は、筆記のみで5ドルくらい。本試験は8ドルくらいだったかな。
試験合格後に、写真を撮ったりして10数ドルかかったので、合計30ドルくらい。

その後、日本に戻ってきたときに書き換えの手続きをして、日本の免許も取りました。
試験とか何にも無しで、手数料も6000円くらいだった気がする。
実に簡単でした。

そんなこんなで、初めての教習所通い。
今月中に取れるようにがんばってます。
posted by よしぼう at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりの記

先日、友人からmixiのお誘いを受けた。

日記なんて書かねーよ、なんて思ってたのに、書き始めたら結構おもしろい。
でも、素性が知れてるからあんまり迂闊な事も書けないw

ああ、それならブログでいいじゃん、と思いついて始めてみた。

本格的に取り組むのはもう少し先かな。
とりあえず、始まりです。
posted by よしぼう at 00:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。