2006年04月04日

マクラーレンの速さ

オーストラリアGPはアロンソの圧勝。

数度のセーフティカーも無難にこなし、フィニッシュ時のタイム差こそ約2秒だったが、レースを完全にコントロールしての今季2勝目。
終盤、ライコネンがアロンソを上回るペースを出し続け追撃したものの、それまでにつけられた差が大きく結局追いつくことは無かった。


ライコネンのファステストタイムは1分26秒045、対するアロンソは1分26秒189
この二人のタイムがずば抜けていて、3位のタイムを出したミハエルとは1分27秒180と約1秒の差がついている。


一発のタイムだけを見ると、互角の戦いであったように見えるが、冒頭に書いたように内容としてはアロンソの圧勝。

ライコネンは、レース序盤に作ったフラットスポットが原因で振動が起き、フロントウイングの翼端板が壊れてしまい、アンダーステアに苦しみタイムがあがらなかった。

セーフティカー導入後の34周目、ピットストップでウイングを交換した後は、バランスが戻ったようだが、レース再開後のペースが上がらない。
タイヤの温度が上がりきらないため、ペースを十分に上げられず、アロンソのペースについていけない。
追撃できるタイムを出せるようになったときには、残り周回数が少なくなってしまっていた。

終盤に速いタイムを連発し、マシンのポテンシャルが十分にあるところを見せたものの、タイムの上がり方が遅いのはレースでは致命的。


去年のマクラーレンのマシンは、燃料が多くても速いペースを維持でき、最初のピットインまでにトップから大きく離されることは無かった。
そのため、燃料を積んでスタートし、遅めのピットインでタイムを稼いで逆転を狙う作戦をよくつかった。

だが、序盤のペースが上がらない限りそれが効果を発揮しないのだ。
ルノーが走り始めから速いタイムを出せるとすると、最初の数周で逃げられてしまい、ペースが上がってきたとしても、すでに出来てしまった大きなギャップを縮められない。

それはピットアウト後にもあてはまる。
ルノーは燃料を積んだ状態でも速く、しかもペースをいち早く戻すことが出来るので、軽い状態となりタイムを出せる状態となったマシンでもギャップを縮めきれない。

そうすると、作戦の幅が著しく狭まる。
ルノーの後方からスタートする限り、序盤のペースの違いで逃げられてしまうため、予選でなんとしても前に出る必要が出てくる。
決勝でもルノーをなんとしても押さえ続け、同時か一周遅れくらいのタイミングでピットストップ、前に出続けるしかなくなる。


サンマリノまでに2週間、改善できるのかどうか。
改善できなければ負けだし、改善できてもルノーとは互角。
チームには厳しいだろうが、見る側としてはいいレースになる。

banner_03.gif
人気ブログランキング、クリックして投票!
posted by よしぼう at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16137913

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。