2006年04月07日

ガスコイン事実上の解雇

トヨタが欲しかったのは、ガスコインだけしか知らない秘密の技術、なんてものでは無く、マシン開発における組織作りであり運用上のマネジメントノウハウ。
そのノウハウを十分に吸収したと判断したために、ガスコインが不要になった。

開発チームが十分に組織され、運用が上手く行けば行くほど、ガスコイン個人の能力に負う部分が相対的に低下していった。
組織運営する上で、個人の能力に頼るような体制では万が一の場合のリスクが大きくなるため、知識と経験を共有し全体の能力向上をはかるからだ。

この2年でそれが全体に行き渡り、ガスコイン抜きでも開発していける自信がチーム内にあったんだろう。またもう一方ではガスコイン流の手法に限界も感じていたかもしれない。

だからこそ、ミシュランからブリヂストンへのスイッチに反対するガスコインの意見を退けた。

内紛でもあるだろうし、チームの組織力強化の結果でもある。

banner_03.gif
人気ブログランキング、クリックして投票!
posted by よしぼう at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マイク・ガスコイン(F1)トヨタを離脱
Excerpt: 「マイク・ガスコイン(F1)トヨタを離脱」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =2006年4月7日...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2006-04-08 00:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。