2006年05月25日

来季『ウィリアムズ・ホンダ』とドイツ国内来季『ウィリアムズ・ホンダ』とドイツ国内で報道

昨季の突然のBMWとの訣別により、ノンワークスであるコスワース・エンジンの搭載を余儀なくされたウィリアムズ・チームでは、来季はトヨタからエンジン供給が有力であるとみられていた。
しかしここに来てドイツの『モーターライン』がこの話が破談になるのでは、と報じて注目されている。

それによれば、トヨタは『レクサス』ブランドでウィリアムズへのエンジン供給を考えていたが、ウィリアムズ側は性能でトヨタ・チームの使用するものより劣ることなどを危惧、条件面で話がまとまっていないのだという。
またトヨタ内部にもこの供給により、もしトヨタ自身がウィリアムズに後れを取った場合のことを憂慮、賛成しない意見があるという。

なお、トヨタは現在ミッドランドに、ホンダはスーパー・アグリにとそれぞれすでに2チーム供給を行っている。
またウィリアムズはかつて1984年から1987年に掛けて第2期のホンダ・エンジンを搭載。
とりわけナイジェル・マンセルとネルソン・ピケのコンビで無敵の時期を送った歴史を持つ。
http://fmotor.nifty.com/f106/2006/05/post_10f9.html


ありえなくない話だけど、

もしトヨタ自身がウィリアムズに後れを取った場合のことを憂慮、賛成しない意見があるという。


こんなことを言うスタッフは辞めたほうがいいでしょ。
今年はトヨタも、去年並みの成績を残せていないけれど、それでも現状のウイリアムズに勝てる、って思えないような人物ならばF1に参加する意味無し。

逆に、積極的にウイリアムズに供給してスタッフを派遣し、チームのノウハウを盗んでこようって思わなきゃ

それくらいの気持ちを持とうよ。


それに対してホンダ
20年前に供給していたとはいえ、状況が全く違う今では実現性は低いでしょ。

オールホンダとして参戦しつつ、SAF1にもエンジンを供給している状況で、さらにウイリアムズにまで供給するメリットは低いんじゃないか?

ウイリアムズ側も完全なワークス体制での供給ならまだしも、単なるカスタマーエンジンの供給であれば、コスワースを使い続け熟成を進めたほうがいいと思うがどうだろう。


banner_03.gif
人気ブログランキング、クリックして投票!
posted by よしぼう at 14:23| Comment(0) | TrackBack(2) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

INDY500 バンプDAY
Excerpt: さて、毎回ドラマを生み出すバンプDAY。主人公はプラクティスから出走しているマーティ・ロスとティアゴ・メディロスのダブルキャスト。まだ助演男優は現れな...
Weblog: レースキチガイharbow
Tracked: 2006-05-26 22:18

F1ファンの皆さん、GTはいかが?
Excerpt: GyaO がSUPER GTを無料放送![第4戦セパン配信中] Yahoo!動
Weblog: GT暇人観戦日記
Tracked: 2006-07-29 12:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。